基本プロフィール

  • アメリカ合衆国 / フィリピン
  • カリフォルニア州クパチーノ
  • デアンザ大学 (正規留学)
  • 2015.7.31~
  • 情報系
  • 明治大学
  • 新潟県立三条高校
  • JTPA(Japanese Technology Professional Association)

なぜ留学したか

高校卒業後、第一志望の早稲田大学を不合格となり、明治大学情報コミュニケーション学部に入学しました。
大学入学当時、Twitter等各メディアにおいて「これからはグローバル・ITの時代である」と若い世代を煽る論調が盛んでした。卒業後に控える就職等、将来の不安も感じていた僕は1、2年時からインターンシップに参加し、その勢いのまま大学を中退、シリコンバレーの学校へ再入学する形で留学することになりました。
実際には、現地に来てみなければ分からなかった沢山の発見がありました。日本人はもちろん、中国系・インド系移民、各州から集まるアメリカ人、飲食・小売りで働くラテン系移民など、様々なバックグラウンドを持つ人が集まる地域での生活は、世の中の問題を身近に考えるきっかけとなり、一つのことを考える際にも別の視点を持つことができるようになったと思います。
留学した方がいいのかどうか、僕も来る前はとても悩みました。ぜひ皆さんが一歩を踏み出す助けになれればと思います!

どうやって留学したか

1. 語学学習
大学入学時、最初のTOEICは415点でした。
TOEFL61点以上が入学要件となっていたので、フィリピンへ2か月の語学留学をするなどして勉強していました。
結果、アメリカ留学前はTOEIC805点、TOEFL64点でした。
来て1年半くらい経ちますが、アメリカ人の会話にはまだ入れませんw

2. 留学手順

僕の在学しているデアンザ・カレッジをはじめ、各学校のホームページには入学申請の手順が書いてあります。留学斡旋会社は仲介手数料が数十万かかると聞き、利用しませんでした(実際には無料で仲介してくれるところもあるようです)。

自分でやってみようかなという方は、ホームページを英語で頑張って読んでみて入学手続きを行うことをおすすめします。

留学手順で疑問点があった部分は、Facebook、Twitter等で複数の留学生に連絡を取り、相談に乗ってもらいまいした。先輩方には本当に感謝です。留学codeで僕に相談したいという方がいればできるだけ力になってあげたいと思っています:)

3. 留学費用の工面

こちらは日本人など海外学生が1年間在学したときにかかる推定費用です(カリフォルニア州民、アメリカ国民、海外学生で費用が大きく異なります)。
https://www.deanza.edu/international/pdf/FHDA_International_Application_012015%20web%20form.pdf
生活費もろもろ込みで$24,184となっているので、日本円にして約270万円くらいでしょうか。

留学費用の工面の仕方には様々な方法があるので、詳しいことは聞いてください:)

留学で取り組んだこと

1. 授業
- C/C++とデータ構造とアルゴリズムと英語リーディング・ライティングの授業。それ以外はやる気でなくて落とした。
2. 遊び
- 週末は友だちの車でご飯行ったり家に遊びに行ったりする。
- これまでサンフランシスコとロサンゼルスとラスベガスとニューヨークとボストンに旅行しました。
3. イベント
- 現地のミートアップ、サンフランシスコの日本人向けイベントなど。
4. 開発
- Webサービスを作ったり、学校のコンピュータクラブに参加したり、仕事もらったり。

話せること

上記を読んで気になったことがあれば、何でも教えられるのでお気軽にどうぞ。
まだ悩んでる人も連絡ください:)

あと、僕の住んでいる地域は家賃が高くて有名ですが(周りの社会人の人とか月20万くらい)、僕は毎月3万円くらいです:)

相談するのが不安ですか?

分からない事があれば画面右下の緑のアイコンから何でも質問してみて下さい。

運営メンバーがチャットであなたの疑問や不安にお答えします。